根治療法をする

アトピー性皮膚炎を根治させる治療となると、長い時間と根気が必要となってきます。まずは医療機関に行き、アレルゲンの検査や投薬への反応を見るところからはじまります。

アレルギーの原因である花粉やハウスダスト、動物といったアレルゲン物質が特定されたなら、それに関わらないような生活を心がけたり、炎症を抑えるための飲み薬や塗り薬といった投薬治療が行われます。ここで使われるのがステロイドやかゆみを緩和する抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤といわれるものです。それでもだめだという人やステロイドは嫌だ、という人は漢方医にかかる場合もあります。

漢方でアトピーを治すとなると西洋医学で直すよりも各段に時間が掛かりますし、食生活や生活リズムの改善も指導対象となりますので、数年がかりは当たり前となってきます。しかし体を構成するものを一から正常にしていくというのが漢方の考え方になるため、根治治療を本気で行いたい方にはおすすめです。気長に向き合える、絶対根本から直すという強い思いがある方には良い治療方法です。

しかしすぐにかゆみを抑えないと寝られない、気になって日常生活に支障をきたしてしまうという人には西洋医学が向いています。炎症を抑えるステロイドは規定量を超えなければ怖いものではありませんし、投薬治療は漢方よりも効きが早いです。ただ少しずつでもお薬がいらなくなるような生活にシフトしていかなくては根治とはいきません。根気よく頑張ることが大切です。